page contents

キニナル記

その時気になったものを完全主観で綴ります。

大ピ〜ンチ!大山登録抹消の危機をチャンスに変えるのはあの選手?

f:id:nyokike:20201028191630j:plain
4月を首位で終え、開幕ダッシュに成功した2021年の阪神タイガース

5月5日現在も4連勝中と好調が続いていましたが、その5日の試合で4番の大山悠輔選手が背中の張りで途中交代しました。

大山選手は2020年にタイトル争いをして阪神の4番として君臨している生え抜き選手です。

チームの中心選手となる4番バッター、そして三塁手としても開幕以来ほぼその座を守ってきましたが、ここに来て離脱することになりました。

16年ぶりの優勝に向けて爆走するチームに不安が走る事態…

しかし、これってあの選手にとっては大チャンスなのかも!

そんな展開を考察してみました。

 


▼大山不在の4番は俺だ!遂にあの助っ人が動き出す?

ここまで打点ランキングでもトップと1差の24打点で3位の大山選手。
その大山選手を上回る高額年俸でオフの話題をさらった新外国人選手メル・ロハス・ジュニア選手が2軍で仕上がってきています。

新型コロナウイルスの影響で入国が遅れ、4月上旬に来日したロハスJr選手。
昨年は韓国球界で打撃二冠(本塁打王打点王)を獲得した外野手で、オフに巨人などとの競合で獲得した期待の新戦力になります。

現在2軍で21打数5安打2本塁打6打点で打率.238です。

打率がちょっと寂しい気もしますが、この他にも社会人との練習試合で本塁打を放つなど長打力はサスガです。

現在、一軍ではサンズ・マルテの野手とチェン・ガンケル投手の4人が外国人枠で登録されています。

今季の外国人枠(一軍登録5、ベンチ入り4)争いもあり、ロハスjr選手はじっくり調整中。
しかしこの緊急事態にロハスJr選手が昇格し、穴を埋めてくれれば心強いですね。

 


▼もはやルーキーじゃない…体験入部済みの佐藤輝明もいる

大山選手が休養した2日に矢野監督が「体験入部」と称してルーキーの佐藤輝明選手が4番サードで出場。

その試合でなんと逆転満塁弾を放った佐藤輝選手。

もちろんルーキーに過度な負担はかけられないものの、ここまで打点リーグトップタイ、ホームランもトップに1差の3位につけています。
徐々にインコース対応ができるようになってきたのか、打率も上昇していて、その成長のスピードにファンならずともワクワクが止まりません。

大山選手がどのくらいで復帰できるかにもよりますが、頼もしい助っ人に挟まれてプレッシャーが軽減できそうなので、短期間だったら見てみたくなるポテンシャルを秘めていますよね!


 


▼実際はどんな構想になるの?ちょっと考えてみた

ロハス4番案
現在の打順にそのままロハスjr選手を当てはめ、4番ライトロハスjr選手、6番サード佐藤輝明選手にする案。
現在阪神で最高契約金を得ているコスパで言えばこうなって欲しいところでしょうが、日本球界初出場で4番を任せるというのは過去には多くあったものの、現在の選手層の厚さで言えばリスキーかもしれません。


②佐藤輝明4番案
規格外ルーキーを大抜擢して、ロハスjr選手を6番で試運転させる案。
チーム随一の成績とは言え首位を走るチームの4番、まして注目度の高い阪神の4番でチームが下降線を辿ったら批判が集中しそうです。
大山選手がクリーンナップを打つ前の阪神ならあり得たかもしれませんが…。


③サンズ4番案
3番マルテ選手が好調なだけにあまり動かしたくないところ。サンズ選手は調子が下降気味とは言え昨年も4番を打っており、未知数のロハスjr選手や佐藤輝明選手をいきなり4番に据えるのも不安…。
となると、佐藤輝明選手を6番サード、ロハスjr選手を5番ライトに入れてクリーンナップを形成するのもありかも。
ロハスjr選手の調子があがれば4番と5番を入れ替える選択肢も。


④陽川尚将4番案!?
個人的には③でしばらく行くのが良いと思いますが、外国人枠の関係で野手が3人になった場合、ストッパーのスアレス投手は外せないので先発投手がチェン投手、アルカンタラ投手、ガンケル投手の中から1人しか登録できないことに…。

現在のチームの好調の要因は打撃はもちろんですが、投手力がベースになっているので、ここまで5勝しているガンケル投手や実績十分で先日初勝利をあげたチェン投手。ロハスjr選手とともに昨年韓国球界で20勝を挙げたアルカンタラ投手が出れないというのは痛すぎる…。

DHが使える交流戦まで少し時間があるので、ロハスjr選手をもう少し
調整させて、その間は先発2枚にすることもあり得ます。

その場合、日本人野手で枠を埋めないといけませんが、その最右翼は佐藤輝明選手の加入で出場機会が大幅に制限されている陽川尚将選手や糸井嘉男選手でしょう。

かつて4番を打ったこともある陽川選手。ちょっと迫力不足かもしれませんが、糸井選手も含めてある意味でのチャンスに発奮する可能性もあります。
現実的にはどちらが出たとしてもサンズ・佐藤に続く6番打者となるでしょうが、出番の少なすぎた2人にとっては千載一遇です。


 


▼矢野阪神、次は何を見せてくれる?

大山選手が6日に登録抹消したとして、最短で戻ってくるのは18日のヤクルト戦からになります。
交流戦までちょうど1週間といったところです。

もちろん本人の体調やチームの状態によりますが、交流戦ではマルテ・大山・ロハス・サンズ・佐藤輝の最強打線が見たいですよね。

2軍では小幡選手や小野寺選手も好調を維持しており、今後オーダーに絡んでくる可能性もあります。

見たい選手があふれている阪神タイガース。今年は層の厚さを楽しむのも一興かもしれません。

張本勲の発言に発奮?佐藤輝明が初4番で逆転満塁ホームラン!

f:id:nyokike:20201028191630j:plain
コロナ禍で外国人の来日が遅れるなど、例年と違うシーズンを迎えているプロ野球

16年ぶりの優勝を目指す阪神タイガースに入団した期待の新人・佐藤輝明選手に注目が集まっています。

佐藤輝明選手が豪快な本塁打を放つ度にネットで話題が広がっている中、佐藤輝明選手に厳しい指摘を見せる野球解説者の姿にも注目が集まっていました。

 


▼ここまで新人離れした成績を残している佐藤輝明選手

4球団競合で近大から阪神に指名された佐藤輝明(さとう てるあき)選手。

オープン戦で新人にしてホームラン王となったパワーヒッターに注目が集まる中で迎えた開幕戦でも打点を記録。
翌日にはプロ初ホームランを放つなど荒削りながら規格外のパワーを見せつける存在に虎党ならずとも見惚れてしまいます。

しかしプロの厳しい内角攻めを浴びて一時は打率1割代に低迷…

そんな中でも横浜スタジアムでは場外ホームランを放つなど、信条であるフルスイングは止めることはありませんでした。

内角のボールを見送るなど徐々に対応を始めるルーキー。

4月下旬には2割中盤にまで打率は回復。
佐藤輝明選手の成長はチームに確かなプラスをもたらしています。


 


▼認めてない?張本勲氏の厳しい指摘が毎回話題に

オープン戦で新人にしてホームラン王になった佐藤輝明選手を見た張本勲氏。

張本勲氏はプロ通算3085安打の日本記録保持者で、現在は野球解説者として活躍しています。

その張本勲氏が解説者を務めるTBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演した際に、佐藤輝明選手に対して辛口の批評を繰り返しています。

オープン戦で3戦連発のホームランを放った際に…

張本氏は先週の同番組で「力と素質は抜群ですけど、今のままじゃ、ちょっと難しいよ」と内角を攻められた時の課題を指摘していた。この発言を受け司会の関口宏は「インコース要注意って言ってたけど、克服したみたいですよ」と張本氏に質問すると「いやいやいやいや。あれは変化球だから」と張本氏は応じた。

張本勲氏、阪神の佐藤輝明は「大変楽しみな長距離バッター」 : スポーツ報知

開幕2戦目でのホームランには…

「今、緊張と不安でスタートしたから、今は手探りの状態なんですよ。どの球団も。どうでしょう相手5球団、15ゲームくらいしてだいたい長所短所が分かってくる。形が見えてくるのは二回り目、あと30試合くらいで出てくる。今度は内角の真っすぐを出したり入れたり、あとアウトコースの落ちる球。右足をちょっと上げるでしょ、そういう人は縦の変化に弱い。そういうのは各球団が調べてる。その代わり当たると力があるから楽しみな選手に間違いない」

張本勲氏、佐藤輝明は「力があるから楽しみな選手」 - プロ野球 : 日刊スポーツ

佐藤輝明選手が4月までに7本のアーチをかけたことに張本勲氏は…

張本氏は止まらず「今は子どもからプロまで、10人のうち9人が足を上げる。簡単に打てるから。ただタイミングが難しい。佐藤はこれだけ。タイミングさえ取れれば常時40~50本は打てるでしょう」と力を込めた。

中畑清氏 阪神・佐藤輝に「張本さんがジレンマ持っているんじゃないか」/野球/デイリースポーツ online

当初は内角の速いボールに苦戦すると予言し、最近では「ステップの仕方を改善すれば…」という論調に変わっているようです。

これも佐藤輝明選手の成長の証なのでしょうか?

そんな”サンモニ”での張本勲氏の評論がネットでは毎回注目が集まっています。

みんな張さんが”まいった”するのを期待しているようです(笑)


 


▼大山選手の休養で初4番…その試合で魅せてくれました!

5月2日に甲子園で行われた広島カープとの試合で、なんとここまで全試合で4番だった大山悠輔選手がスタメン表から姿を消し、4番に佐藤輝明選手が抜擢されていました!

既に佐藤輝明選手やサンズ選手も休養で外れた試合はあったものの、大山選手の代わりに4番、そしてプロ初のサードとして出場となりました。

その試合で1−3の劣勢にあった5回裏

近本選手から始まる打順でノーアウト満塁で回ってきた打順でバットを一閃!


これぞ4番の仕事!

チームを鼓舞する逆転満塁弾で一気にムードが高まります。
続く6回にも満塁でタイムリーを放った佐藤輝明選手。


更に自身も大学までに守っていた三塁の守備にプロで初めて入った試合。
そこでこんなファインプレーも飛び出しました。
阪神タイガース on Twitter: "佐藤輝が3塁線の打球を逆シングルで好捕!岩崎もクールに称える!
#hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂… "


終わってみれば7−3で快勝!

殊勲打を放った佐藤輝明選手に称賛の声が集まる中、張本さんの次回サンモニでの発言が気になります…

 

右フック犬だけじゃない! 平成を騒がせたイカツイ動物たち

※この記事は2019年4月27日に作成されたものです。
f:id:nyokike:20201029191730j:plain

BODY:

平成最後の月にネットで話題になった「 #右フック犬 」のようなマッチョで強さを誇示するような画像が話題になった動物たちが、Twitterで笑いを誘っていました。



▼平成最後に現れた豪快な右フックをかます柴犬がネットで話題に











こちら、ツイッターユーザーのだて虚無さん(@Ninjamaaaaaan)の投稿だ。楽しくて興奮しているのか、グルグルと勢いよく回っているワンちゃん。その姿を写真におさめたところ、絶妙な「ブレ具合」によって、思わぬ一枚が誕生してしまった――。

出典 超ムキムキの柴犬が、豪快な右フック!? ワンちゃんの躍動が生んだ「奇跡の一枚」に反響 - ニュース - Jタウンネット 東京都











「ブン殴る柴犬」「マッチョ犬」「ブンナグリーヌ」など、その雄姿をたたえる反応が相次いだ今回の写真。一躍ネット上で話題となり、イラストやフィギュアなどの「二次創作」も盛んにおこなわれている状況だ。

出典 超ムキムキの柴犬が、豪快な右フック!? ワンちゃんの躍動が生んだ「奇跡の一枚」に反響 - ニュース - Jタウンネット 東京都









・過去に話題になったあの動物たちとの対比でネットが盛り上がりました



















 


▼右フック犬のライバル? マッスルギツネも注目が集まった











ムッキムキな豪腕を胸の前で組み、そこに顔を置いてこちらを見つめるマッスルギツネさん。

出典 ムキムキ老師キツネさん、参戦! “右フック犬”に続く「マッスルギツネ」登場でマッチョ動物の人気過熱 - ねとらぼ





モフモフなのと同時にモリモリな筋肉を感じさせる体格で、そこにキツネさん独特のクールな細目が相まって、“静かなる覇者”とでも呼びたくなるかっこよさです。

出典 ムキムキ老師キツネさん、参戦! “右フック犬”に続く「マッスルギツネ」登場でマッチョ動物の人気過熱 - ねとらぼ



















 


▼他にもみんなが持ち寄ったイカツイ動物たちがネットで話題になりました