読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニナル記

その時気になったものを完全主観で綴ります。

ワンピース・ゴルゴ13・コナン・こち亀…あの漫画のネタが尽きないのはナゼ?

▼ワンピース・ゴルゴ13・コナン・こち亀…長寿漫画のネタがなぜ続く?

2016年8月現在で

ONE PIECE→82巻(1997年から連載開始)

ゴルゴ13→181巻(1968年から連載開始)

名探偵コナン→90巻(1994年から連載開始)

こちら葛飾区亀有公園前派出所→199巻(1976年から連載開始)

 

 

 

 

▼「ONEPIECE」の尾田栄一郎氏は今もストーリーが膨らみ続けている

f:id:nyokike:20160826191822j:plain
ONEPIECEの作者・尾田栄一郎氏)

世界的な人気漫画となった「ワンピース」

尾田栄一郎氏はデビュー前からストーリーを作っており、そのストックが膨大だとか。

尾田栄一郎氏 ONE PIECEは「結末まで7割の段階」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

「面白いことを思いついたら書かないと失礼。本気なってないみたいじゃないですか。どんどんイメージが膨らんでいく。その結果がこれなんです」と、連載が続いている理由を説明した。 

当初5年とイメージしていた連載が、止まらなくなったとか。

結末まで7割の段階にいるらしい。

 

ONE PIECE コミック 1-81巻セット (ジャンプコミックス)
 

 

 

▼「ゴルゴ13」のさいとうたかを氏は分業制

f:id:nyokike:20160826215458j:plain

 

ゴルゴ13の作者・さいとうたかを氏)

こちらも不朽の名作「ゴルゴ13

作画は分業制をとっており、人物・風景・乗り物…などのジャンルで分かれている。

ストーリーに参加した人はなんと60人以上だとか。

2009年4月号掲載 著者インタビュー『ゴルゴ13』のさいとう・たかをさん

最初のころは自分で一所懸命脚本を作っていたんですけど、年月が経つと『ゴルゴ』を読んで育った人達がゴルゴを書いてくれるようになってきたんですよ。ゴルゴの約束事を知っていて書いてくれるんです。 

  

 

 

 

 

▼「名探偵コナン」の青山剛昌氏は一人でネタを考えている

f:id:nyokike:20160826215402j:plain
名探偵コナンの作者・青山剛昌氏)

名探偵コナン青山剛昌氏は基本的に一人でネタを考えているとか。

子供の頃から探偵モノが好きだった青山氏。

読んできた小説のトリックからヒントを得たものや、兄弟(長男は科学者・次男は漫画家・三男は自動車修理工場の跡取り・四男・医者)からネタを得ているという噂も。

“あの方”の正体をポロリ!? 『名探偵コナン』青山剛昌インタビュー | ダ・ヴィンチニュース

ブレーンなどはいない。著者の青山剛昌は、たった一人で『コナン』の世界を創り続けてきたのだ。 

 

 

▼「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の秋本治氏のベタに徹する姿勢

f:id:nyokike:20160826215335j:plain

こちら葛飾区亀有公園前派出所の作者・秋本治氏)

こち亀秋本治氏の徹底的にベタに徹するのも継続していく秘訣

  • 掴みからの起承転結(勝利の方程式)が確立
  • 数パターンをテーマによってアレンジすることの繰り返し
  • なにより飽きずに定番を継続していくメンタル

こち亀が飽きられない秘訣と秋本治にスランプがない理由【漫画作成】 - すごないマンガがすごい!

1ページ目で『起』、3~6ページ目以降に『承』、10何ページ目ぐらいから『転』、そしてラストで『結』をシンプルにまとめる。 

 

 

 1つの作品が当たると、アニメ化・ドラマ化・映画化…グッズにゲームにイベントに。

鳥山明氏などのように世界で有名になって稼げる職業というイメージがつきましたが、その裏で超多忙な日々を送っているようです。

 

 

 

▼その他の漫画・漫画家の話題はこちら