読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニナル記

その時気になったものを完全主観で綴ります。

イチローだけじゃない!奥さんの弓子夫人も凄かった

スポーツ

▼世界記録を達成した夫・イチロー支える弓子夫人の献身

2016年6月15日(日本時間16日早朝)、イチローMLBピート・ローズを抜いて世界記録となる日米通算4,257安打を放った!

現役野手最年長42歳のイチローを支える内助の功が凄かった。

 

f:id:nyokike:20160623102226j:plain

 

 

 

イチローと弓子夫人の馴れ初めは?

元TBSアナウンサーの福島弓子

TBSラジオで放送された『イチローの気持ちはいつもフルスイング』にて、福島はアシスタントを務めたことがイチローとの交際のきっかけになった。

 

f:id:nyokike:20160623102210j:plain

1999年1月にイチローがプロポーズ。

「一緒にいると、心地いい人だから」とコメントしています。

 

 

▼料理の腕が凄かった

入団2年目でボスママに君臨…イチロー夫人の桁外れのスゴさ (女性自身) - Yahoo!ニュース

この記事によると弓子夫人はイチローの試合開始時間を逆算して料理を始めるという。

栄養士や有名料理人を雇わず、全て自分で料理をし、しかもプロ並みの腕前だとか。

イチローの年齢を考慮して献立を決めているようです。

 

食材へのこだわりがハンパない

水⇒11年暮らしたシアトルのものをお取り寄せ

パン⇒アリゾナ州ピオリアのベーカリーから冷凍してお取り寄せ

野菜⇒アメリカ南部の専業農家と直接取引

夫人会のリーダー

現在イチローが所属しているマイアミ・マーリンズは若い選手が多い。

若いママさんの相談に乗っているとか。

直々に料理教室を開催し、賞賛されているようです。

 

財テクも凄かった

エステサロン「eN Salon」のオーナーとしても知られる弓子夫人。

年俸だけでも凄いのに、スポンサー契約が多く300億は稼いだと言われるイチローの資産管理もバッチリのようで、不動産購入などで減らすどころか増やしているとか。

IYI Corporationという資産管理会社が前述のエンサロンも管理しています。 

 

 

▼「51歳まで現役でいたい」

f:id:nyokike:20160623102243p:plain

気になるのはイチローがいつまで現役を続けるのか、ということ。

イチロー本人はオリックスの宮内オーナーに「背番号と同じ51歳まで現役を続けたい」と発言したとか。

 

イチロー本人の才能と絶え間ない努力の賜物ではありますが、イチローを支える弓子夫人の努力もまた超一流でした。

こういうことも含めて、マーリンズイチローが若手の手本となるように契約しているのかもしれませんね。

 

イチロー・インタヴューズ (文春新書)

イチロー・インタヴューズ (文春新書)

 

 

 

↑ページトップに戻る

 

▼その他のイチローの話題はこちら