キニナル記

その時気になったものを完全主観で綴ります。

41歳で現役バリバリメジャーリーガーのイチロー選手に思う

忍者イチロー再び参上!

マーリンズイチロー外野手が、敵地でのメッツ戦に代打で出場し、今季初長打となる三塁打を放った。その後、後続の二ゴロでの本塁突入はアウトと判定されたが、チャレンジで覆りセーフに。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150417-00010002-fullcount-base

 

41歳のシーズンとは思えない軽やかな動きでキャッチャーをかわすイチロー選手。

同世代で野球のプロをやっている人も少なくなったはずですが、イチロー選手だけは歳をとっていないかのようです。

 

その時の動画がコチラ

▼▼▼

 

 

ちなみにヤンキース時代の2012年10月8日のオリオールズとのア・リーグ地区シリーズ第2戦で見せた”忍者ホームイン”はコチラ

▼▼▼


イチロー「忍者の生還」に全米驚愕!捕手2度かわし技ありホーム - YouTube

 

 

動きのキレが”おっさん”のそれではないですね。

一体何をしたら41歳で若者のような動きができるのか。

 

日々の体調管理と毎日続けるストレッチのたまものだとか。

仕事に対する準備という意味では見習うべきものがたくさんありますね。

そんなイチロー選手が久々にロングインタビューに答えたのがコチラ

Number(ナンバー)876号 イチロー主義 

スポーツ写真誌「ナンバー」の2015年5月7日号

 

 「可能性という言葉を使うならば、あります。現時点での僕、野球が無かったら、死んでもいい。50歳で突然、世の中から消えられたら理想的だと思っています」

さらに引退するまでは思いっきり野球がしたい、とし

「僕は選手以外ではプロ野球の世界で生きていくつもりはないし、日本だろうとアメリカだろうと、選手以上の情熱を注げることなんて見つかるとは思えない」

と話した。現在はゴルフもやっていない。ゴルフと自主トレを天秤にかければ自主トレの方が楽しいからだそうで、「今のマイブームは野球」とも語った。とか。

 

 

 

燃え尽きるまで突き進んで欲しい気もする反面、晩年のキレのないイチロー選手を見たくない気もします。

「50歳まで野球を現役でやる」が目標とするならば、おそらく日本復帰も視野に入れているのではないかと。

 

いつまでも野球を楽しむイチロー選手。

そんなイチロー選手を今後も応援していきたいと思います。